029-843-6480
求人情報

茨城でインプラントならファミリー歯科。常磐線荒川沖駅から徒歩10分。

Tel:029-843-6480 無料のご相談はこちら

インプラントの治療期間はどれくらい?
初診からの流れも解説

インプラントの治療期間はどれくらい?初診からの流れも解説

インプラント治療を検討しているけれど、先に期間について確認しておきたいという方のために、インプラント治療にかかる期間をご紹介します。虫歯治療などとは異なり、インプラント治療は外科治療が必要になることから、治療期間は長めです。一般的な治療期間の目安や、治療完了までの流れなどについて参考にしてみてください。

インプラントの治療期間目安

個人差があるため一概に言うことできませんが、一般的にインプラントの治療期間は5ヶ月~1年ほどとなります。期間に差があるのは、口腔内の状態によって行わなければならない治療が変わってくるからです。

例えば、インプラント治療ではあごの骨にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込むことになります。そのため、あごの骨が十分でない方は先に骨を増やすための治療を行わなければなりません。

また、インプラントでは外科治療が1回で済む1回法と、2回行う2回法の2種類があります。条件が整っていなければ1回法は選択できませんが、1回法、2回法のどちらで治療を行うのかによっても治療期間が変わってくることになります。自分の場合はどれくらいになりそうか先に医師に確認しておくと良いでしょう。

初診から治療完了までの流れ

インプラント治療を行う場合、全体的な流れはどのようになっているのか確認しておきましょう。初診から治療完了までの全体的な流れは以下の通りです。

カウンセリング

カウンセリングで相談をしたり、説明を受けたりします。わからないことや気になることがあれば、カウンセリングの際に確認すると良いでしょう。

口腔内の健康状態の確認や治療に関する説明も行われます。また、持病や服用薬についても確認されるので、説明できるようにしておきましょう。

検査・計画立案

実際にインプラント治療を受けることが決まったら、詳細な検査を行い、治療計画を立てていくことになります。インプラント治療は外科治療にあたるため、レントゲンや歯科用のCTなどを用いて慎重な検査を行わなければなりません。そのうえで治療計画を立てます。
希望などがある場合は、具体的な治療計画が決まる前の段階で相談しておくと良いでしょう。詳細な治療計画が確定すれば、具体的な費用や通院期間なども明確になります。
なお、カウンセリングと検査・計画立案にかかる通院回数は、合わせて2~3回程度です。

手術

2回法の場合は、あごの骨にドリルで穴を開けてインプラント体を埋め込み、縫合したうえで安定するまで数ヶ月間待たなければなりません。その後、2回目の手術でインプラント体と人工歯を接続するためのアバットメントと呼ばれる部品を装着します。
1回法の場合は1回の手術でインプラント体とアバットメントが一体型になったものを埋入するのが特徴です。どちらを選択できるのかについては検査をしたうえで決定することとなります。
手術に関する通院回数については、1回法だと3~5回、2回法は4回以上です。これには抜糸や消毒の通院も含まれます。

人工歯の装着

数か月間インプラントの定着を待ち、噛み合わせなどを確認します。その後、問題がなければ人工歯を装着します。人工歯の作成から装着までで通院期間は3~6回ほどです。

メンテナンス

人工歯を装着した後は、定期的なメンテナンスが必要です。日々のブラッシングでは取り除けない汚れを専門機器で取り除いてもらいましょう。また、定期的にメンテナンスを受けることによって、万が一トラブルが発生していたとしてもいち早く気づき、治療を受けることができます。

個人の口腔内の状態によって期間は異なる

一般的なインプラント治療期間は、5ヶ月~1年ほどと非常に幅広くなっています。個人の口腔内の状態や、選択する治療法などによって期間が変わってくるため、事前に医師に良く確認しておくと安心できるでしょう。
短期間で治療を終わらせる方法などはオプション扱いになることも多いため、全体的な期間だけでなく、各治療法の費用についても確認しておくことをおすすめします。