029-843-6480
求人情報

茨城でインプラントならファミリー歯科。常磐線荒川沖駅から徒歩10分。

Tel:029-843-6480 無料のご相談はこちら

インビザラインとは?
特徴やメリットをわかりやすく解説

インビザラインとは?特徴やメリットをわかりやすく解説

歯並びが悪いとそれだけでコンプレックスにつながってしまうこともありますが、目立つ矯正を始める勇気が持てない方もいるでしょう。そういった方から注目されているのが「インビザライン」と呼ばれる矯正方法です。
具体的にどのような方法なのか、期待できるメリットなどについてもご紹介しましょう。

インビザラインとは

インビザラインとは、マウスピース型の「アライナー」と呼ばれる矯正装置を使った矯正治療のことです。専用のアライナーを作り、それを定期的に新しいものに交換することにより少しずつ歯を動かしていくことになります。

従来のワイヤーを使って行う矯正とは異なり、目立ちにくいことや取り外しが可能なのも大きな特徴といえるでしょう。

透明な素材で作られたアライナーを使うことになるため、見た目を気にすることなく、矯正に取り組めます。また、インビザラインは、オーダーメイドの矯正装置を使うため、さまざまな症例に対応することが可能です。自分専用のマウスピースで人に知られることなく矯正したい方にぴったりです。

インビザラインのメリット

インビザラインには多くのメリットがあります。代表的なメリットについてご紹介しましょう。

矯正していることが気付かれにくい

カインビザラインとは、透明なマウスピースを使った矯正方法であるため、付けていても目立たないのがメリットです。
従来、矯正といえばワイヤーを使った方法が定番だったため、歯の中心を横に通るワイヤーが目立つのが悩みでした。とくに見た目が気になる方や、人と話をすることが多い仕事をしている方などは、ワイヤー矯正だと不都合もあるでしょう。インビザラインなら厚さが0.5ミリほどしかない非常に薄い透明のマウスピースであるため、見られてもほとんど気付かれません。

取り外して洗浄が可能

ワイヤー矯正とは異なり、取り外して洗浄できるので非常に衛生的です。また、マウスピースをつけていると不都合があるような場面でも取り外して過ごせます。
ただ、1日のうち20時間~22時間ほど装着しなければ矯正の効果が小さくなってしまうので、この点には注意が必要です。

虫歯リスク・歯周病リスクが低い

インビザラインはワイヤー矯正に比べると虫歯や歯周病のリスクを抑えられます。ワイヤー矯正の場合、ワイヤーと歯の間に汚れがたまってブラッシングでうまく落とせないことが多いです。しかし、取り外しのできるインビザラインならその心配がありません。食べかすが挟まってしまうと良くないので、食事の際にはアライナーを取り外して食べるようにしましょう。

痛みが少ない

ワイヤー矯正では、ワイヤーの力を使って歯を大きく動かすため痛みがありますが、インビザラインでは少しずつ動かしていくので、痛みを抑えることが可能です。一度ワイヤー矯正に挑戦したものの、痛みに耐えられずやめてしまった方にも向いているでしょう。

通院回数が少ない

通院の回数がその他のマウスピース矯正に比べて少なく済むのも、インビザラインのメリットです。インビザラインでは通院のたびに新しいアライナーを作るのではなく、最初に取った歯型で治療完了までのアライナーを作成できます。
基本的に1~2ヶ月ごとに通院が必要ですが、場合によっては数カ月先までのアライナーを受け取れるのが特徴です。そのため、忙しくてなかなか通院できない方からも選ばれています。

取り組みやすい矯正ならインビザライン

ワイヤー矯正は目立つ、痛みがあるなどのデメリットが大きいですが、インビザラインであれば周りに気付かれることなく矯正をしていくことも不可能ではありません。小さい頃から歯並びにコンプレックスがあったものの矯正できずにいた方が、大人になってからインビザラインを決断することも多いです。
正しく装着しなければ効果が得られないなど注意すべきポイントもありますが、歯並びに悩んでいる方は、一度歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。